認知症は、年々増えている

厚生労働省の2015年1月の発表によると、日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人、65歳以上の高齢者の約7人に1人と推計されています。
2025年には、65歳以上の高齢者の5人に1人が、認知症になると言われています。

将来、本人あるいは家族が認知症を発症することは、とても身近な出来事になってきています。その発症を抑える予防医療として注目されているのが、矯正歯科治療です。

 

 

悪い噛み合わせがアルツハイマーを引き起こす

その中でも、近年注目されているのが、アルツハイマー病と噛み合わせの関連性です。

よく噛んで食べる人が認知症やアルツハイマー病になりにくいことは、医療従事者や介護施設で働く方々が実感していると言われています。

よく噛むことで、脳への血流量が増え、常に脳細胞を活性化させることができます。
脳細胞が活性化されることは、アルツハイマー病や認知症はもちろん、あらゆる病気の予防になるのは、想像難くありません。

岡山大学の森田学教授らが、上手に噛めないとアルツハイマー病の原因物質である「ベータアミロイド」が脳細胞に大量に蓄積されるが、歯列矯正をして噛み合わせを改善すると、減少することを発表しています。

 

 

1日も早い歯並びの改善が大切

虫歯や歯のない状態を放置していたり、出かけるときだけ入れ歯をするなど、日々の不自然な噛み合わせの蓄積が、さまざまな大病の引き金になります。

矯正歯科治療が予防医療であることを多くの方に認識していただき、できればなるべく早く、噛み合わせが悪い人は改善し、また今まで噛み合わせを気にしたことがない方も、一度矯正歯科の専門クリニックを受診されることをお勧めいたします。

 

参考文献:「デンタルアンチエイジングとアロマセラピー」千葉 栄一 著

監修者
藤山 光治
日本矯正歯科学会 専門医・認定医

【認定】
歯学博士(岡山大学大学院 歯学矯正学講座)
日本矯正歯科学会認定医
日本成人矯正歯科学会専門医
日本成人矯正歯科学会認定医
インビザラインクリニカルスピーカー
2006年インビザライン日本導入における先駆者であり、アライン・テクノロジー社 公式スピーカーとして全国各地で歯科医師を対象に講演を行う。
日本で2名のみ選出されるアライン・テクノロジー社 アドバイザリーボードメンバーの第1期を務め、世界トップクラスのドクターとしてより良い装置の研究開発に貢献した。
美と歯に関する領域で美容メディアLiruu監修なども行う。

治療実績を認定された
インビザドクターを探す

 

※当サイト内の文章・内容の無断転載及び複製を固く禁じます。